きっと日本初、flo discホイール到着しました(2015/02/13修正)

激安ディスクホイール現る

泣く子も黙る激安カーボンホイール通販 flo cyclingのディスクホイールを入手しました。

本体599USD+送料60USD+消費税。
RENNとタメを張る激安っぷりである。

商品ページはこちら
http://www.flocycling.com/wheels_flo_disc.php


RENNが発泡ウレタンにカーボンシートを被せた構造となっているのに対し、
FLO discはスポークホイールにカウルを被せた構造となっている。

よって振れ取りができる
また、notubesのテープを使ってチューブレス化できる

チューブレスタイヤは、現存するタイヤ構造の中で最も転がり抵抗が軽いため、
TTにおけるメリットとなりえる(たぶん)
→高圧下では、ラテックスチューブ+クリンチャーや軽量ブチルチューブ+クリンチャーのほうが転がり抵抗を軽減できるようです(http://www.bicyclerollingresistance.com/specials/schwalbe-one-tubeless-clincher)

また、24.4mmリム幅となっており昨今の幅広リムで25cタイヤと相性が良い(はず)

エアロ効果はFLOが一番ウリにしている部分である。
ウネウネした形状が横風に効く(らしい)

実走行はまだだが、まずは構造を確認する

ホイール形状






パッと見はなかなか普通。
HEDのディスクホイールと似た形状をしている。
 ブレーキ面は黒いが、アルミクリンチャーリムである。

 前述の通り、公称でチューブレスレディ。



ホイール構造

スポークホイールにカウルを被せた構造。バルブ穴周りの補強や壁はなし。
スポーク剥きだしで潔い。
チューブレスバルブの取り付けが心配だったが、楽そうで何より。

往年のコスカボのディスク版と言ってよい構造。
カーボンホイール特有の剛性はなさそう。




重量

一応測ってみる。リムテープレス・10sスペーサー有りで1340g
ディスクホイールでも重い部類であるが、アルミクリンチャーホイールとしては及第点?




楽器としての性能

ディスクホイールの特徴といえば、その走行音が挙げられる。
ゴウンゴウン... という反響した転がり音が相手を威嚇する。

中空構造のため、その点は期待できる。
更に、flo discは構造上、別の使い方で音を鳴らすことも出来る。

何も聞かず動画を見てもらいたい。



Good。
反響音がかなり大きそうだ。

速報のため、走行インプレは後日。

追記

同封品はクイック・Continentalの20-25cチューブ・リムテープである。
メンテナンス方法については、発送後にハブの分解方法からスポークの調整方法までメールで展開されるため、心配無用であることを付け加えておく。


2015/02/13修正

転がり抵抗に関する記述を修正
インプレッション記事はこちら


Previous
Next Post »