2014-15 CXシーズン結果(リザルトと機材供養)

シーズン総括。

リザルト


■ジャパンカップシクロクロス C3 3/28位


2位争いグループが派手に落車で吹っ飛んで棚ボタ表彰台。


■茨城シクロクロス C3 2/51位


序盤から独走パターンに持ち込むもギリギリで優勝を逃す。悔しさは残るけど念願の昇格。
シーズン終えてやっと自覚したのだが、どうやら洗濯板のような平地が得意っぽい

■STARLIGHT幕張 C2 12/39位


C2初レース。
コースの楽しさがピカイチ。今シーズン最も良いコースだったと思う。
試走時間が楽しくて結局フルに使っていた。

ラップアウトも覚悟していたが、意外といい位置で終えられて満足。


■バイクロア


★チームラリーA 2位
 最終ラップはゴール前までずっと競り合いが続いていた。得意のスプリントで2位争い勝利。

★サンセットレース 8/46位
 パンクして後輪に大穴を開ける。
 やんぼーのホイールを借りて猛チャージしたら意外と順位が上がった。

★ファストクラス 8/71位
 C1選手が大量にいる中まさかのシングルリザルト。
 ホールショット職人としての人生が始まる。

★オウルクラス 3位
 ウンコさんに負けた


■野辺山CX

★SS
 \射命丸/

★C2(一日目) 54/72位
 SSからの着替え時間が少なすぎた
 あまりの泥とスローパンクに撃沈。シーラントでなんとか回復。

★C2(2日目) 22/60位
 前日の反省を活かして?ランニング戦略に切替えたことで順位UP

この二日間で、RDとエンドが変形。


■湘南CX

#1 平塚 (7/25位)
コーナリングテクの無さが露呈

#2 開成(パンクDNF)
空気圧を下げ過ぎた。今年度3度目のレース中パンク。
スペアホイールは自宅に…

#3 中井(5/22位)
階段ダッシュならプロにも負けません。
ホールショット。

#4 開成(8/35位)
コーナリングテクの無さ

■シクロクロス東京 C2 

12/57位
ホールショットを決めてワールドカップの自転車投げターンを決めてたあたりまでがハイライト。
あとはズルズル落ちて終了…

■信州CXポストシーズン 南アルプス C2 

12/57位
C1(オープン)クラスと混合になり、鬼のようなスピードで展開。
下りが楽しすぎたが、登りで沈没。

■茨城シクロクロス(土浦)

22/42位
怒涛の独走劇でまさかの優勝か!?という展開だがパンクで終了。
またもスペアホイールは家の中…
荒れ地が得意なのは変わらず。茨城は相性がいい!

総括

C2で上位キープは安定。あとは表彰台にコース次第で手が伸びるという感触。
17レースのシーズン終了。JBCFで脚を磨いてシーズンインの茨城で昇格といきたいところ。

機材供養

RDとエンド及び、SEREAC CX*3(内MAD1)
Previous
Next Post »