レースめし その1:群馬CSC付近、たくみの里食堂

レースレポなんて需要がないという事に気がついたので、機材と飯にフォーカスしていくことにしました。



第一弾レース飯は陸の孤島こと群馬CSC。
赤谷湖付近まで降りてようやくコンビニがあり、温泉街の飯屋はほぼ無い上に夕方で店を閉めるというひどい環境。

そんな中、見つけた当たり店がこちら。

たくみの里食堂


予約すれば18:00以降でも席を用意して頂けます。
地元の食材をふんだんに利用した定食がウリ。角煮や豚のしょうが焼き等、肉が豊富で
レース前後に最適です。ごはんもお代わりOK。

写真は豚の角煮定食。



日替わり小鉢はその日仕入れた食材で変わるとのこと。
味噌汁は具だくさん。隠れてる味噌だけでご飯1杯いける旨さ。

角煮はもちろんトロットロでレース後の体に染みわたる。
各メニュー1000円前後。

デザートとして出来たてかりんとう饅頭を150円で頂けます。
コンビニ飯で素泊まりするならこちらへどうぞ。
Previous
Next Post »