SAVASミルク グレープフルーツ風味

湧いては消えるコンビニの紙パック飲料。
新製品が出る度、評価されては消えていく非定番商品。


そんな中、身近なところで話題をさらっている新製品がある。
プロテインでおなじみのSAVASブランドの商品、ザバスミルク






どんなに不摂生を重ねていても、練習をサボっていようとも、
高タンパク食と言えば群がってくるのが自転車乗りらしい。(両方とも私です)




スペック

1本で「タンパク質15g」「100kcal」「表記上の脂質0g」となかなか期待させてくれる製品。
ちなみに同量の牛乳を摂取する場合、「タンパク質14.6g」「396.7kcal」「16.77g」となる。(西友PB調べ)


脂質と糖質を徹底的にカットした結果、総カロリー量の6割がタンパク質由来といういかにも優秀な高タンパク食品に見える。
クエン酸2500mgも配合されており、リカバリにも余念がない。
(吸収スピードにも言及されているが、ここでは割愛)


値段はコンビニで160円前後とやや値が張る。
しかしそんな事よりも、プロテインで重要なのは『味』。


市場に流通するおおよそのプロテインはハッキリ言って味が良いとは言い難い。
(SAVASはマシなほう)


ひとまず実飲して味が良くないことにはお話にならない。




実飲

運動後のレビューではありません、ごめんなさい。


体重が笑えないことになってしまい、昼飯をサブウェイに切り替えたが、
1日当たりのタンパク質が不足している計算になるので、渡りに船と昼食に組み込むことにした。


乳飲料なのでサンドイッチとの相性もいいだろう…との予測。
ではゴクッと。










思ったより酸味がある。
飲むヨーグルトを薄くした感じの喉越し。喉に絡む感じは無し。
まずくない!プロテインなのにまずくないぞ!


食事との相性もGood。
ただ430mlはちょっと多いかもしれない…満腹感が出ると考えればお得ではある。






比較

この商品を見た時、真っ先に思いついたのはDNS Pro-X プロテインドリンクだ。
ただ、SAVASミルク が日常の軽い運動を想定しているのに対し、Pro-Xは完全なワークアウト後を利用シーンとして想定している。

そのせいか、タンパク質量は倍の30g、値段は倍以上の300~400円となっている。
1mlあたりのタンパク質量を考えれば妥当な値段だろう。

Pro-Xも美味い方のプロテインドリンクではあるが、甘ったるいので常飲は無理。
1本あたり30gではタンパク質過多になる可能性もある。

逆に言えば、運動後にSAVASミルクで十分か?という疑問も出てくるが、
この辺りは個人の運動強度に依存するかと思われるのでなんとも言えない。


結論

自分のように、減量期の食事でタンパク質の摂取が難しい場合の
補助食品としては非常に適切な製品かと思う。不味くもないし総カロリー量を抑えることも出来る。
隣にあるリプトンミルクティーを手に取るよりよほどマシである。

日常的に高負荷の運動を行っており、積極的にタンパク質を摂取する必要がある人には
コストパフォーマンスが悪いだろう。
運動中の補給食としても、糖質が少なすぎるのでやめたほうがよい。


少なくとも外れの飲み物ではないので、軽い運動をしているなら戯れに一度飲んでみてはいかがだろうか。


Previous
Next Post »