Zwiftでオリジナルワークアウトを作ったので配布してみる



ワークアウトエディタ

Zwiftのワークアウト機能では、自分でオリジナルメニューを作成することも出来る。

デフォルト状態で大量のメニューが用意されていることがZwiftの良いところなので、必ずしも使う必要はないのだが、自分でメニューを決めたいパワートレーニング上級者には嬉しい機能だ。

ワークアウトエディタで現状できることは以下の通り。
  1. メニューのパワー値・時間・インターバルタイム・ケイデンス指定
  2. ワークアウト中メッセージ表示
  3. ウォームアップ・クールダウンの自動設定
  4. ワークアウトファイルの書き出し
  5. パワー値メニューのFTP比変換

操作説明


操作は直感的でそこまで難しくはない。
基本的には右の部分から実施したいパワーゾーンをドラッグ&ドロップで左のエリアに持ってくるだけでメニューがどんどん組み上がる。

持続時間やパワー値は、クリックすると修正することができる。
ウォームアップ・クールダウンは「開始パワー」「終了パワー」、インターバルは「回数」「メニュー時パワー」「レスト時パワー」「メニュー時間」「レスト時間」を指定可能。
指定項目さえ入力すれば、あとは良いように設定してくれる。

ケイデンスだけは例外で、右のケイデンスボックスを既に設定されている区間に重なるようにドラッグ&ドロップするとケイデンスが設定可能となる。
テキスト表示は表示開始時間と表示するメッセージの入力(制限がきつい)が可能。表示時間はいじれない模様。

設定を変更しなければ、W数ベースをメニューを組むことになるが、実は「自分のFTP比」でメニューが記録されている。左下の"DISPLAY"のプルダウンでFTP%表示に変更可能。


作ったワークアウトは "My document\Zwift\Workouts"内に.zwoでメニューごとに保存される。
他人が作ったzwoファイルでも、このフォルダ内に置けばZwift起動時に読み込んでくれるはず(試していない)。
前述の通り、FTP比で記録されているので、他人でも簡単に流用できる。


この機能を使えば、パワートレーニングに詳しい人が作ったメニューを仲間内で簡単に試せる。
今回作ったTabataと、レース前のウォームアップメニューをアップロードしたので、好きに使ってみて欲しい。
Zwift Workout File
https://drive.google.com/open?id=0B0fDVdF8jC_UaWVrUGdUNEE3LVE



Previous
Next Post »