OAKLEY RADAR EV Prizm Roadインプレッション


Prizm!


たまたま安売りしているのを見かけたので衝動的に買ってしまった。

今までのRADARは地味めのカラーだっただけに、ド派手な赤系ミラーレンズがかなりやんちゃに感じる。


Prizm Trailは知人の物を借りて走ったことがあるので、Prizmレンズ自体の良さに異論はない。
100kmのライドに持って行ったところ、このPrizm Roadも期待に沿った働きをしてくれた。

赤系のレンズの特徴である、コントラストを強調する効果が強く、かけるとかなり暗く感じるが、

その実トンネルの中でも白線や路面の濡れ・凸凹をハッキリ見分けることが出来るので、ライドに安心感が出る。下りでの路面状況確認がとても楽。



欠点としては、外した瞬間に世界が緑がかって見えること。

脳が無意識に赤の逆色である緑色のフィルターをかけているらしく、外した瞬間は緑で景色が補正されたままとなってしまう。


景色を楽しむライドの場合、Slateレンズなどの黒系レンズがオススメ。

レースなら文句なくPrizmを使うべき。

RADARとの比較




こちらが今まで使っていたRADAR。
同じRADARの名を冠しているがRADAR EVのフィット感は無印RADARとはかなり異なるものだった。


まず、同じPathでもレンズがかなり大きい。自分の場合RADAR Pathだと頬にレンズは接触しないが、EVは下にレンズが張り出しているので顔の角度次第だが接触している状態が続く。


ノーズパッドは、どちらも大小付属しているが、EVは大を選んでもレンズが眼にかなり近い。
その分風の巻き込みはEVのほうが少なくなっている。
にも関わらず、小さなベンチレーションが開いているEVのほうが適当な量の空気の循環が起きて、蒸れず眼に当たらずのいい感じの状態を保ってくれる。


たまたま空気が循環するRADARと違って、RADAR EVは計算して穴を開けているようだ。

まとめ

同シリーズだがフィット感が変わるので、要試着。
Prizmレンズはいいぞ。CXシーズンまでにTrailも購入したい。


Previous
Next Post »