Di2内装化(ドリルがう○る)準備編


ワイヤー撲滅委員会

ランニングコストの低減と絶対的な性能アップのため、手持ちのバイクを全てDi2(or SS)、油圧ブレーキ化するべく動き出しました。

ロードは既にDi2、TCXはSSの油圧ブレーキ、Kinesis Crosslightはワイヤーディスク+紐変速…
ロードディスクは2017モデルTCR待ちなので、まずはCXから近代化改修を実施することに。

しかし、持っているCrosslight PRO6はDi2非対応。CXだと洗車やら障害物でケーブルが外れることが想定されるので、なるべくケーブルは内装にしておきたい…


そうだ。ドリル、うならせよう。


ひとまずプランニング


まずは手持ちのCXをバラして内装のための穴をチェックする。
チェックポイントは「ダウンチューブ→BB」「BB→右チェーンステー」の穴。

確認したところ、ダウンチューブはそこその大きさ(ジャンクションBがギリギリ通るくらい)の穴が、右チェーンステーに向けてはE-tubeのコネクタがギリギリ通る大きさの穴があった。

そこで、下図のケーブル図面を引く。



フロントシングルのCXなのでシートチューブは今回出番なし。
担ぎのしやすさや重心の最適化・メンテナンス性UPのため外装バッテリーを前三角のなるべく下側に配置する。

BBのスペース内にジャンクションは配置できないので、ダウンチューブ側にいれることにする。
BBがJISのため、作業野が狭い上にケーブルを通す穴もかなり小さいことがわかっているので、ヘッドチューブから接続したジャンクションを放り込む方法で行くことに。定番ですね。


STIはR785を調達し、TTバイクをバラしてRD-6770と各種Di2パーツをゲット。
ブレーキはコスト上の問題で新SLXをチョイスして機材的な準備は万端。
※シマノ油圧ディスクブレーキはロードもMTBも同じ引き量


プランはここまで。実践編に続く。



リョービ(RYOBI) ドライバードリル CDD-1020 645801A
リョービ
売り上げランキング: 87
Previous
Next Post »