13 posts tagged with "TIPS"

小柄な人の自転車にも装着できます(できない) スポーツサイクル用品というものはとにかく身長の高い人に優しい。 フレームサイズそのものもそうだが、アクセサリーも「余りスペース」である部分に装着する以上大きいサイズの自転車のほうが装着に余裕がある。 バッグ類もある程度幅を持たせたり…

チビの味方R250 欧米人の「小柄な方向け」は信用できない。なぜなら170cm程度の小柄を想定しているから…(代表例) シートポストはそんなに出ない!タイヤは小さい!前三角も小さい!そんな人でもR250ならちゃんとバイクパッキングらしきことができる。 いい感じの防水バージョンが…

ハブ、ゴリゴリ ディスクロードの油圧周りのメンテを納車(3年?)ぶりに出したら、無情なる「ベアリング死んでるよ」とのお言葉を頂いた。 普段乗る時は全く気が付かなかったが、メカニックはすごいなぁと思いながらサドル持ってホイールを空転させたらゴリゴリの振動が手に伝わるレベル…なぜわ…

ボトルケージはちょっとくらい信頼性が低くても… ボトルケージはちょっと壊れてもボトルが脱落して無くなる程度で、ホイールやハンドルと違ってすぐに命にかかわる事故が起きるわけでもないので、信頼性がやや低めでも構わないと考えている。 買い替え前も中華カーボンの製品を使っていましたが、…

前橋CXで名誉の破損 きっかけは前橋CXで太い枝に引っ掛けて左シューズのBOAダイヤルを破壊したこと。 レース自体はピットでシューズを借りてなんとか完走したものの、最終戦で機材を壊す(大転倒でエンドも曲げた)ので悲しさ半分ネタゲットという喜び半分。 写真をアップロードしたところ…

リムセメント絶対使いたくないマン! チューブラーは使いたい、でも面倒なタイヤ貼りはしたくない…。 リムセメントを何重にも塗るだの、ベッドを作るだの、CXテープ使うだのなんだの不確定要素を可能な限り排除したシンプルな運用をしたい。 つまり、労力をかけずにCXチューブラーを使うには…

2018年ベストバイグッズ 一年も終わりなので、振り返りということで今年買ってよかったものリストを記載していこうと思う。 ルンバ(WiFi対応) いきなり自転車ぽくないものから始まるが、こいつのおかげで泥やホコリを自転車と一緒に持ち込んだ場合でも翌日仕事から帰ってくると床がきれ…

2x4材とホームセンターグッズで収納を整える 以前作った2x4材のコンパクトな自転車収納を一歩進めてみた。追加購入したものは全てホームセンターで調達。 Before ディアウォールを使って制作したものをそのまま流用したが、本当はLABRICOのアジャスターボルトを使ったほうが調…

ヒラメからの移行 ヒラメのポンプヘッドは最高、これはあまり議論の余地がない。 ただ、チューブレスユーザーにとってはある問題がある。 ビードを上げるエアータンクの入力側規格が、一部を除きほぼ米式なのだ。 自分が使っている GIANT のCONTROL TANKも例外ではない。 こ…

最後のピース 昨シーズン終わりに体感したチューブラーの世界が忘れられず…買ってしまいました。 全日本出場という目標に向けた武器、Dugast SmallBird!!! 高級タイヤを壊したくはないので、耐パンク性UPのFlying-Doctorバージョンかつネオプレンコーティン…

チューブレスタイヤはいいぞ チューブレスタイヤのメリットはいまさら言うまでもない。 (低圧での)転がり抵抗軽減・エアボリュームによる乗り心地の良さ・リム打ちパンクの軽減と、走行性能自体はクリンチャーより数段優れている(と思う)。 転がり抵抗は超軽量チューブ+クリンチャータイヤの…

image もっと快適なローラー環境を求めて 以前、快適なZwift環境を求める記事を書いたが、ここ数ヶ月でローラー界に革命が起こせるプロダクトが発売された。 その名はスマートスピーカー。「OK, Google」のアイツだ。 ちょっと気恥ずかしい音声操作もローラー中の汗だく半裸…

伝説の2017冬王滝 秋王滝が台風で中止となり、急遽企画された11月冬王滝。 当然、低気温が予想されたが現実は予想を上回る大寒波の襲来により終始氷点下の予想となる。 台風に続きこの仕打ちはまさに呪われているとしか言い様がないのであるが、当然呪われているくらいでは開催・出走はやめ…

Gen

Written by Gen Twitter logoGithub logoinstagram logo