シリコンバーテープとグリップが手放せない

シリコンバーテープ(グリップ)の魅力

はじめに断っておくと、私はFizikのクラシックバーテープをとんでもなく溺愛していて、耐久性と薄さ・適度なグリップ力に惚れ込んでひたすら使い込んでいました、安いし。

そんな中、今回もFizikを使おうとウエパに赴いたところ、カゴにどっさり積まれたT-ONEのシリコンバーテープが。
なんとおひとつ1000円の超がつくお値打ち価格。物は試しとTCX SS用にオレンジを購入しました。

使ってみると、両面テープのない取り付けは快適で、モチモチしっとりした気持ちいい触り心地。伸ばして使うので思ったほど厚さを感じないのもGOOD。
なによりシクロクロスで不快な振動をだいぶカットしてくれる!
薄いテープが好きなのはコントロール性が第一だと思っていたのですが、フワフワした握りではないのでしっかりハンドルを操作できます。

その後MTBを買っても、シリコン熱は続きESI Gripを購入します。ロンドン五輪で使用率No1だったのも頷けるできの良さ。
こちらについては別途インプレ記事を書いているので参照。

でもお高いんでしょう?

シリコンバーテープは高いです…T-ONEの定価はクラシックバーテープのおおよそ2倍。ちょっと買うのに躊躇します。
TNiのシリコンバーテープもありましたが、Amazonだとちょっと安くない…こうなったらebayしかない!

そんなわけで購入したのが冒頭のこちら。Vivimaxのシリコンバーテープ。

ダイヤ目の加工がされています。

若干短くて、レバー裏に這わせることができませんでした…

感触はパターンが違うこともあってか、T-ONEほどはモチモチしていないようです。
振動吸収はおそらくバッチリかな。

耐久性については今シーズンCXに投入してインプレします。T-ONEはすでに2シーズン目ですが何も問題無さそう(劣化もなし)。
中華を考慮して1シーズン持ってくれれば御の字です。

ちなみに、下の野口商会オリジナルシリコンバーテープを購入してみたところ、T-ONEとほぼ同じものと思われました。 今ならセール中なのでぜひ買うべし。