幻想サイクル

シクロクロスシーズンも終盤に近づき、ちょっと寒めの日も真面目にロードに乗るためのウェアをいくつかポチりました。 テーマは「変化に対応しつつ峠も快適に登れるウェアリング」 Castelli Superleggera jacket Sportful No Rain Knee War…

先日の記事の通り、ロードバイクを SPD ペダルで乗るようになり、これに合わせてシューズも XC 系シューズを常用することになりました。 最軽量ロード SPD ペダル PD-ES600 ボディが小さいだけあり、ロードバイクに合わせた際の違和感の無さはさすがです。SPD-SL …

もともと、ロードレースにもガンガン出る想定で購入した TCR ADVANCED PRO DISC でしたが、当初の予想以上に活動の主軸をオフロードに移すことになったので、ロードバイクの位置付けをツーリング兼オフトレ用に設定しなおしました。 今後のロードバイク運用に合わせた形で、…

この記事はロードバイクアドベントカレンダー23 日目の記事です。 機材選定について パーツを買うとき、何を考えて買っていますか? 見た目?重量?見た目?ブランド統一? どれも重要ですが、もしパーツを「ライド/レースのための機材」として買う場合にどんなことを考えるべきなのか?安定…

この記事はロードバイクアドベントカレンダー19 日目の記事です。 本記事はひたすらポエムであり、普段の本ブログとの趣とは異なります。 23 日目には幻想サイクルっぽい記事を予定しています。 シクロクロスブーム収束の感 ここ 5 年程度、野辺山シクロクロスとお台場シクロクロスを皮…

今シーズン初投入機材 Bioracer PRO シクロクロススキンスーツ長袖 以上! 使い心地 関西 CX#2 富田林で投入しました。 この日は最高気温 20 度と昼間は非常に暑いので、インナーなしで着用。汗が目にダラダラ入るほどの暑いレースでしたが、袖や肩は完全にドライ。素…

MTB ダイナミクスがすごい Edge530/830/1050 のあまり日本で語られない機能、「MTB ダイナミクス」。マーケット上仕方がないが、結論から言うとかなり面白い機能である。 本体のモーションセンサー(加速度?)によって MTB のジャンプ回数や、トレイルの難易度・走…

そして GARMIN に戻る... PioneerやBrytonに浮気していたけれども、WEB サービスの完成度の点で GARMIN にまさるメーカーはなかった。 結局精度よりもデータをどう使うかが大事なので… 入力ベクトルデータは未だに上手く活用できる手段が考案されないし、シ…

ツールボトルの功罪 ツールボトルの容量は意外と大きいいので普段持ち歩いているこれらのツールをまるっと入れることができる。 チューブ CO2 ボンベ*2 マルチツール Di2 ツール IRC タイヤレバー 例のポンプ ただし、1 ボトルと 2 ボトル体制を入れ替える際にツールボト…

小柄な人の自転車にも装着できます(できない) スポーツサイクル用品というものはとにかく身長の高い人に優しい。 フレームサイズそのものもそうだが、アクセサリーも「余りスペース」である部分に装着する以上大きいサイズの自転車のほうが装着に余裕がある。 バッグ類もある程度幅を持たせたり…

© 2020, Built with Gatsby

This website uses Cookie to ensure you get the best experience on this website.