幻想サイクル

ダクトテープでチューブレス化:結

No tags

image

なかなか空気漏れの収まらなかったバルブ付近だが、利用するシーラントを多くしたらあっさり空気抜けが許容範囲に収まった。写真はダメだったときのやつ。

締まらない結末だがチューブレスレディなのでシーラントをケチってはいけないということだろう…

ダクトテープは自転車の組み上げにも割りと使えるので 1 本あって損はしないと思う、安いし。

image

やっぱりタイヤは IRC かな。聞くところによると、ロード系のチューブレス基準は BST-R と ETRTO があって、タイヤとリムの設計がずれているとうまくいかないことが多いらしい。

MAVIC からロード UST が出てきたことだし、これを機に統一して欲しい…MTB も UST の方が安心感あったし。

現実的にはチューブレスレディ規格とお付き合いしていかなければならないと思うので、今まで使っていた Notubes のシーラントをもっと良いものに変えることにした。

同じくNotubes の Race Sealantも検討したのだがせっかくだしいい噂のあるCaffelatexをチョイス。

泡状になってサイドやリム側まで回り込んでくれるとの謳い文句。ついでに Notubes と違って中性らしいので、リムやテープへの攻撃性も低い。