幻想サイクル

Bontrager Ion Comp R/Flare R City Bike Light Set


cover
cover

TREKのデイライトアンバサダーとして認定頂いた際に支給されたものです。

Bontrager Ion Comp R

Bontrager Ion Comp R
Bontrager Ion Comp R

BontragerのフロントライトのメインモデルであるIONシリーズの末弟。なんと定価12100円、支給品としては破格の太っ腹ぶりである。

充電はMicroUSB、駆動時間は下記の通り。

  • 700LM---1.5時間
  • 500LM---3時間
  • 300LM---6時間
  • 300LMデイフラッシュ---19時間
  • 200LMナイトフラッシュ---9時間

全体的な稼働時間はVOLT800より若干短め。

パターンの切り替え操作は起動後にクリック1回となっている。ON/OFFの際、前回のパターンは記憶している。

  • ON: 2クリック
  • 切り替え: クリック
    • 700lm -> 500lm -> 300lm -> 300lm day flash -> 200lm night flash
  • OFF: 長押し

若干の差とはいえ、ナイトライドには800lmが2時間持つことになっている VOLT800 を持っていくことになるだろう。

事実上、このライトはday flashモード固定で利用することになりそう。(そしてナイトライドはほぼしないのでつけっぱなしの可能性が高い)

ボントレガーのデイライトの特徴は、デイライト専用のパターンに設計されている点。VOLT800は、集光パターンの都合で光害になりやすく、防眩シェードが出るほどだったが、こちらは考慮…されているはず。

マウント方法

付属のシリコンバンドによる固定のほか、Blendr システムによるマウントができる。

これはアクセサリー側のマウントにGoProマウントとの互換性があるので、専用のマウントパーツを使うことでGoProマウントへの取り付けが可能。

GoProマウントにロード用マウントを取り付けた状態
GoProマウントにロード用マウントを取り付けた状態

元々、Blendrシステムはステムプレートへのマウントを前提としているからか、ライトがかなり前に装着される。

アウトフロントマウントにライトを取り付ける場合、ずり下がりに注意する必要がありそうだ。

Bontrager Flare R City

Bontrager Flare R City
Bontrager Flare R City

こちらのリアライトもデイライトとしての機能を明示的に持たせている。

デイフラッシュモード(35ルーメン)は8時間と、持続時間は短め。カタログスペック通りなら週末ごとに充電するイメージだろうか。

本体が小さい分、バッテリーも小さくなってしまうので持続時間が短くなる点は仕方がない。リフレクターを併用して常時視認性を上げておきたいところ。

このライトの一番の特徴は、照度センサーでナイトモードとデイモードが切り替わる点。フラッシュか点灯を選択するだけで4パターンを利用できる。

内蔵ライトセンサーが輝度を自動でコントロール

流石にメインで乗っているTCRの専用シートポストには適合しないため、街乗り用のTCX SSに装着している

どちらのライトにも言えることだが、自宅内のガジェットが全てUSB typeC充電に統一されつつあるなか、自転車ガジェットだけがMicroUSBを頑なに採用しているので、充電が面倒になってきている。制御チップの価格問題があるのだろうが、どうにかならないものか…



関連記事