幻想サイクル

自転車に丁度いいアイリスオーヤマの高圧洗浄機を買って試してみた


会場で展開するにもコンパクトだ

レースで使える自前の高圧洗浄機。なんと良い響きだろうか。

すくみずログで紹介されていた 1 万円台前半のアイリスオーヤマ製高圧洗浄機(JHW-201)。バッテリー式で分解可能、圧力はそこまででもないが、自転車相手には不足というわけでもない絶妙な製品だった。

開封・収納

今回購入したのはコードレスモデルのJHW-201と、それを車載・運搬するためのコンテナボックス。

記事内の収納があまりにもシンデレラフィットだったため、詳細を聞いて一緒にポチった。

コンテナのサイズは W 約 29.5×D 約 44.3×H 約 15.9cm と、聞き間違えたか?と思うコンパクトサイズ。

シンデレラフィットのコンテナ

開封して、各パーツを投入してみると確かにピッタリだ。充電器を収納する必要があるかは悩みどころだが、とりあえずひとまとめにしておいた。

充電器か本体の端子が露出するので、レース後に収納する際はホースから水を抜くことを忘れないようにする必要がある。

現地組み立て・使用インプレッション

野辺山 CX Day1 でレース後にちょっとこびりついた泥を落とすのに活用してみた。友人のバイクで。

まずは会場で展開してみる。

豪華シクロクロスセット

アップ用ローラー、タープ、そして洗車機。豪華シクロクロスセットだ。

タンクにフィルター付き給水ホースを入れる

一通り組み立て、ポリタンクの中に給水ホースを突っ込んで準備完了。

給水用ホースの端はフィルター付きになっており、簡単な異物や泥は入り込まないようになっているが、可能な限り綺麗な水を利用したい。

スペック上、満充電から 30L は利用できるらしいが、そこまでの水量は不要だろう(30L あったら 6 回は洗車できる)

水圧設定

水圧スイッチ

この洗浄機は水圧が高低の 2 種類、ノズルの種類が 3 種類用意されている。

トグルスイッチなので今の水圧設定がわからないのが玉に瑕だが、高圧設定固定でよかった。

ノズル

ノズル側を回すことで、ストレート・やや拡散・拡散の三種類を切り替えることができる。上記のマークは拡散設定だ。

ちょっと拡散がタイヤにちょうどいい

6 種類の組み合わせ全てを試してみたが、高圧+やや拡散の組み合わせが自転車の洗車にはもっとも向いていそう。

洗車結果

朝方は霜が溶けてコース内がかなりぬめっており、友人バイクのグラベルキング SK はかなり泥が詰まっていた。

こちらが、JHW-201 で洗車した後のタイヤである。

洗車後

もちろん、ガソリン発電機経由で給電したり、ケルヒャーの上位モデルの圧力には劣る…というか遥かに弱い。

しかし、その分自転車を吹っ飛ばしたり、高速でホイールを回転させることもないため、周囲に泥水をまき散らさないというメリットにもなる。

タイヤに入り込んだ泥を落とすには十分なパワーはあるため、小回りの利く必要十分な洗浄機だ。

まとめ

オフロードレースをする自転車の洗車機としては、必要十分なパワーを持った高圧洗浄機

ただし、自動車のホイールに付着したブレーキダストを落としたり、コンクリートの床の汚れを落としたりと、強力な高圧洗浄機の代わりになるものではない

バッテリー式で、コンパクトにたためて持ち運びが簡単、という特性を生かして遠征用の装備にするのがいいだろう。



関連記事