幻想サイクル

2022年シマノシューズ新モデル RX6(SH-RX600)レビュー


ペダリング効率を追求したSPDシューズ RXシリーズ

ロードシューズの軽量性を備えたSPDシューズは、ロングライダーやグラベルレーサーに取って長年の希望だった。

グラベルライドの隆盛に伴い、フラッグシップモデルとしてリリースしたSH-RX800(RX8)シューズは、ロードシューズ最上級レベルの剛性を持ちつつ、SPDクリートに対応して、軽量なモデルとして話題になった。愛用者も多いだろう。

唯一の欠点はフラッグシップモデルならではの価格だったが、2022年にミドルグレードのSH-RX600(RX6)シューズが登場。コストパフォーマンスを求めていた自分は好みのカラーがあったこともあり即購入してしまった。

スペック

製品ページがまだ存在しないので、シクロワイアードの記事から引用させてもらう。

  • カーボン強化ナイロンソールを採用。剛性指数も8(RX8は10)
  • ウォークパッドも幅広かつ耐久性に優れたポリウレタン素材を採用。ソールを覆う面積も増加
  • 重量は274gとRX8比で9gの差

RX8ほどではないが、オンロードやグラベルなどの下車が少ないシチュエーションで使うシューズとしての要点は抑えている。

ロードシューズと違って歩行を考慮していることがRXシリーズを欲しがる人のポイントだろう。

実物確認

手に持って軽さが分かる
手に持って軽さが分かる

クリート位置のマークが細かくなっている
クリート位置のマークが細かくなっている

実物は確かに軽い。オンロードとシクロクロスでXCシリーズを使い倒していた身としては久々の軽量感だ。

クリート位置のマークが細かくなっているのも若干うれしい。

XCシリーズとの比較

XCシリーズとの違いは、ソールの素材とスパイクピンの有無。

軽量なのでシクロクロスにいいのでは?と思われるかもしれないが、シクロクロスでは泥レースでピンが必須になるのでRXシリーズは向かないだろう。

XC5と比較
XC5と比較

XC5とソール面を比較すると、ソールのグリップ感や高さなどが異なることがわかるだろう。

RX6の方が細く高いグリップ面になっており、泥はけもあまり考えらえていない(そもそも通気性を高めるための穴もある)

XC5は1世代前のMichelinソール採用モデルで、降りて走ってもソールが剥がれたりすることはない頑丈なものになっている。

サラウンドラップ構造の変化

シマノシューズの特徴である、Boaダイヤルで締め付ける非対称アッパー。正式名称はサラウンドラッピング構造というのだが、ここの構造に変化があった。

これまで、XC5を初めとするベルクロ+Boaシステムのアッパーには、固定なのか型作りのためなのか、内部にゴム紐が縫い付けられていた。

XCシリーズのサラウンドラップでは中にゴム紐が入っていた
XCシリーズのサラウンドラップでは中にゴム紐が入っていた

RX6は最初からゴム紐が無い
RX6は最初からゴム紐が無い

RX6ではこのゴム紐が取り払われている

正直、履くときに面倒だったのでありがたい。というか、薄々不要ではないかと思っていたところだったので、これに気が付いた後XC5のゴム紐も切り取ってしまった。

ライドレビュー

シマノらしからぬカラー
シマノらしからぬカラー

早速、クリートを調整してグラベルを含む峠ライド100kmを行った。

シマノらしくない、いかにもオフロードで使いますというカラーリングも履いてみると悪くない。

残念ながらシューズの剛性を感じられるほど、感度が高くないのでペダリング効率については分からない。ただ、XC5と同じようなアッパー構造とソール構造をしているだけあって、違和感なく履き替えられた点は非常に良かった。

クリート位置もほぼ同じ設定で違和感なし。シマノはモデルごとに若干の足型の差があり、試着しないことにはフィット感が分からないことも多いが前世代XC5とは概ね同じ足形だったのだろう。

一番良かったのは、サイドのソールが高いのかクリート歩行時のガリガリ音が小さいこと。地味にストレスなので助かる。

「買い」か?

実は、Amazonで上位モデルのRX8は安売り常連。

カラーはホワイト(ほぼシルバー)とブラックの二択。

個人的にはホワイトシューズは好みなのだが、RX8のホワイトはシルバー気味で、自分の好みと若干異なることから見送っていた。

RX6はブラック・グリーンの2色。ソールとのツートンも良い感じなのでグリーンを今回はチョイスした。

海外にはブラウンカラーもあり、なかなか好みだったのだが無いものは仕方がない。

幻のブラウンカラー
幻のブラウンカラー

最大のペダリング効率にこだわりがあるならRX8、コストパフォーマンスとカラーリングではRX6に分があるといったところか。



関連記事