23 posts tagged with "CX"

今シーズン初投入機材 Bioracer PRO シクロクロススキンスーツ長袖 以上! 使い心地 関西 CX#2 富田林で投入しました。 この日は最高気温 20 度と昼間は非常に暑いので、インナーなしで着用。汗が目にダラダラ入るほどの暑いレースでしたが、袖や肩は完全にドライ。素…

リーズナブルでシンプルなセミエアロヘルメット ロード・CXで使っていたmont-bellのヘルメットがそろそろ樹脂の寿命になるのと、CXの担ぎ接触でボコボコになったので交換を決めた。 幸いにも大クラッシュはなかったが、安全のために2~3年ごとに交換するのがヘルメットのお約束。 …

前橋CXで名誉の破損 きっかけは前橋CXで太い枝に引っ掛けて左シューズのBOAダイヤルを破壊したこと。 レース自体はピットでシューズを借りてなんとか完走したものの、最終戦で機材を壊す(大転倒でエンドも曲げた)ので悲しさ半分ネタゲットという喜び半分。 写真をアップロードしたところ…

リムセメント絶対使いたくないマン! チューブラーは使いたい、でも面倒なタイヤ貼りはしたくない…。 リムセメントを何重にも塗るだの、ベッドを作るだの、CXテープ使うだのなんだの不確定要素を可能な限り排除したシンプルな運用をしたい。 つまり、労力をかけずにCXチューブラーを使うには…

試走でみんな何をやっているのか? 朝試走、昼試走、どう走ってますか?ウォームアップ?コースの記憶?特定セクションの練習?タイヤの空気圧調整?「やりたいこと」はいっぱいある。 自分はC2に上がってから、関西クロスでは基本的に昼試走オンリー組。朝と路面が変わっていることもあるし、何…

今年の目標は全日本出場と決めていた。 主に財布へのダメージが大きい努力の結果、幸運にも95位で全日本エリート男子への切符を手にすることに成功し、シングルスピードとエリート男子に出場!所属チームであるメイドさん学科としては2年ぶりのシクロクロス全日本レースとなりました(前回はそら…

2018 Rapha Supercross Nobeyama Day1: 72/98 -3laps Day2: 86/100 -3laps Bike: GIANT TCX SLR(2014) Wheel: Farsports tubelar non-spokehole 30mm…

2018-19スターライトクロス Men Elite 61/82 全日本前の一大イベントである野辺山の前哨戦にあたるスターライトクロス。 とはいえ、自分の今年の目標は全日本選手権出場。野辺山は不得意なコースなのでほぼ100%出走ポイントのみの積み上げになることを考えるとこの週が…

取り柄のないライダーでも全日本に出たい! せっかくC1に上がったのだし、今年は関西で全日本をやるし自分の履歴書に「シクロクロス全日本選手権出場」という項目を入れてみたかった。 当然実力が突然上がるわけもないので、MTBやロードシーズンが終わる前にエッサホイサと遠征してポイント…

スタートグリッドの防寒 これがあると”イケてる”装備のうちの1つであるフルジップウォームアップタイツ。 スタートグリッドまで暖めた脚を維持できて、なおかつスマートに脱着できる、問題はお値段。値段に定評のあるチャンピオンシステムでも2万円ほどである。 カペルミュールでもやや安く売…

2x4材とホームセンターグッズで収納を整える 以前作った2x4材のコンパクトな自転車収納を一歩進めてみた。追加購入したものは全てホームセンターで調達。 Before ディアウォールを使って制作したものをそのまま流用したが、本当はLABRICOのアジャスターボルトを使ったほうが調…

ヒラメからの移行 ヒラメのポンプヘッドは最高、これはあまり議論の余地がない。 ただ、チューブレスユーザーにとってはある問題がある。 ビードを上げるエアータンクの入力側規格が、一部を除きほぼ米式なのだ。 自分が使っている GIANT のCONTROL TANKも例外ではない。 こ…

最後のピース 昨シーズン終わりに体感したチューブラーの世界が忘れられず…買ってしまいました。 全日本出場という目標に向けた武器、Dugast SmallBird!!! 高級タイヤを壊したくはないので、耐パンク性UPのFlying-Doctorバージョンかつネオプレンコーティン…

チューブレスタイヤはいいぞ チューブレスタイヤのメリットはいまさら言うまでもない。 (低圧での)転がり抵抗軽減・エアボリュームによる乗り心地の良さ・リム打ちパンクの軽減と、走行性能自体はクリンチャーより数段優れている(と思う)。 転がり抵抗は超軽量チューブ+クリンチャータイヤの…

飛び道具との出会い お台場の後はWNP。 福島県某所から「チューブラー、使ってみない?」との悪魔的お誘いが。 お台場でシーズンを終えた選手が丁度今年張り替えのタイヤを使っているらしく、格安でレンタルしてくれるとのこと。C1に上がったらチューブラー試したいと、常々ツイートしていた…

2018シクロクロス東京レースレポート シクロクロス東京は自分にとって特別なレース。 シクロクロスを始めたばかりの頃、26インチのMTBを駆ってC3クラス相当の表彰台に登り、その後の自転車人生に大きな影響を与えてくれた。この時から、砂を乗っていくのは自分にとってある種のステータ…

17-18関西CX最終戦 桂川 長かったシクロクロスシーズンも2月になっていよいよ終盤。 毎年ドロドロの桂川だが今年は珍しくドライな路面(当社比)になり、タイヤ選択に迷いながら平日を過ごすことに。 色々悩んだ末、フロントに無印SERAC、リアにSpeedTerraneといういつ…

念願のノントラブル! レース結果:12/25位 46% ついにノントラブルで1時間走りきって順位も50%より上に! 細かい登りと階段という好みのレイアウトと、スピードを殺さずにうまく走りきれたことが合わさってC1はじまって以来の会心の走り。 高速域になると素直に潰れてくれるSE…

メカトラメカトラまたメカトラ C1に昇格してから1度たりともノートラブルでレースを走り終えられていないのだが、今週末も不名誉な記録を継続してしまった。 レースの方は苦手な登りにやられて1日目は100%、2日目は97%順位という体たらく。メカトラを差し引いても高速コーナーを処理し…

関西シクロクロス#8 堺 ド平坦コースサカイセンシュケン。前週の希望が丘でC1でやっていける自信が怪しくなっていたので、この週だけ平日練習を増やしてみた。 タイヤは当然Maxxis SpeedTerraneを前後に装着。レース中のコースはちょっとぬかるんでいたけれども滑ることを…

レースレポート始めます 適当に走っていては来シーズン残留できずあっという間に脱落しそうなので反省ができるようにレースレポートを書き始めることにした。 関西シクロクロス#7 希望が丘 昨年は低気温と大雨で低体温症との戦いとなったが、今年は気持ちよく晴れてくれた。 ラストレースでは…

あけましておめでとうございます あけましておめでとうございます。 今年は下記の通りAJOCC C1に昇格することができたので、CX全日本選手権の出場を目標に活動していきます。 今シーズンは1時間のレースに慣れつつJCXポイントを1ポイントでも多く獲得して、夏場の肉体改造を経てポ…

シリコンバーテープ(グリップ)の魅力 はじめに断っておくと、私はFizikのクラシックバーテープをとんでもなく溺愛していて、耐久性と薄さ・適度なグリップ力に惚れ込んでひたすら使い込んでいました、安いし。 そんな中、今回もFizikを使おうとウエパに赴いたところ、カゴにどっさり積…

Gen

Written by Gen Twitter logoGithub logoinstagram logo